FC2ブログ

記事一覧

リトルノアのサービス終了を悲しむはずが FFXI(11)のとあるプレイヤーへの幼きダークサイドが滲み出てきた感じです


えー まあ なんですか
あれですね
アタイは肉と魚と野菜ちゃんと申しますね ええ
こちらは まあハンドルネームって言うのですかね
まあ そんな感じのやつです

もし仮に本名だとしたら 大変なことになりますねー
例えば 同級生とか 会社の同僚に 肉と魚と野菜という名前の人がいたら
割かしけっこう騒ぎになると思うのですよ
まあ あれですね
センセーショナルですね けっこうセンセーショナルな感じになりますね ええ

ツッコミとか苦手な人でも割かし正しくツッコめる けっこう難易度低めの設定になっておりますねー
まあ 例を挙げさせていただきますと
『苗字と名前の区切りがよく分からないんかーーーい
みたいな?
『にくとさか なとやさい という苗字と名前だったら漢字表記はどんな感じになるんかーーーい
的な感じで?

ツッコミが苦手な人でも スナック感覚でツッコミを入れることができるイージーモードとして
とりあえず引っ張りだこになるんじゃないですかね
まあ 誰が引っ張りだこするのかは よく分かっておりませんが

まあ そんな感じでですね
今回はとても悲しいお知らせがあるのですよ…
9月辺りに アタイのブログでリトルノアというスマートホァンゲームを紹介させていただきましたが
来年1月末でもって リトルノアがサービスを終了するというのです…!

オヨヨヨョョョ…… (泣
実はアタイ まあ色々とPCやらスマートホァンやらでゲームを遊ばせていただいておりますが
サービス終了という事と直に対面したことが ほとんどないのです
例えば 古くはUO(ウルティマオンライン)というMMOを学生時代やっておりましたが
今でもサービス稼働しておりますし

その次に始めたMMOといたしまして エフエフXI(11)をやっておりましたが
こちらのゲームは まあ アタイが遊んでいた頃のお話になってしまいますが (LV75時代と呼ばれている時期です
えー まあ
一般人が手軽に遊べるゲームとは ほど遠い感じのゲームでございまして…

デュミナス(…でしたっけ? 俗に「裏」と呼ばれていたコンテンツ)というものがあって
このコンテンツに参加するのは アタイが加入していたLSでは参加自由だったのですけど
強制参加を強いてくるLSもどうやらあったみたいで…
それで そのコンテンツを始める時間帯がですね ちょっと頭おかしいのでは…? 的なあれでして…

今はどうなっているのか全く分からないのですが
えーと 簡単に説明いたしますと 裏にもサンドリアとかバストゥークとかウィンダスとかありまして
例えば裏サンドリアに突入したいと思っても 同時に複数グループ(主にLS単位)が突入できないという仕様でして
このコンテンツの要件定義または設計した人たちは
恐らく十中八九 頭が悪すぎるのか狂っているのか どちらかだと思うのですけれども

要はサーバー内で色々なLSが裏に突入できる時間帯のスケジューリングを管轄する「裏協定」なるものがあったわけなのですが…
まあ アタイのいたLSでは 月曜日の23:00~3:00でしたねー ええ
えーと? 朝になったらお仕事行かなきゃいけないんですけど?
アタイもですね この時期では新卒~2年目とかそういうお年頃だったので
まあ 若かりし頃のアタイは装備欲しさに 毎週… は厳しかったですけど 隔週くらいで参加しておりました

参加すれば装備もらえるの? と言ったらそういうわけではなく
欲しい装備が他のメンバーと競合した場合は あれですよ ロット勝負!!
欲しいジョブの装備がドロップしなかった またはロット勝負に負けると
何も得ずにただ真夜中に拘束されただけ という結末を迎えてしまうわけなのです

あと お伝えするのを忘れておりましたが
「裏」では突入するためにグループで100万ギルを上納しなければコンテンツに参加できないわけでして
突入するメンバーで割り勘して 100万ギルを工面することになりますね
つまり ギルは払いました⇨4時間拘束されました⇨結果何ももらえませんでした (勿論運がよければ装備をもらえるわけですが
というのが 当たり前にあるというのが これまで一生懸命説明させていただいた「裏」コンテンツなわけなのです

いや ちょっと お目汚しになるかもしれませんが
アタイのFFXI(11)への恨みつらみを 書き綴ります
例えば アタイも今現在遊ばせていただいてるFFXIV(14)では
新生エオルゼアならそのストーリーが 蒼天のイシュガルドならそのストーリーが 紅蓮のリベレーターならそのストーリーが
「ソロ」でサクサクできちゃいますよね

ところが… 忌まわしきFFXI(11)の人はですね
勿論アペンド(追加ディスク)がリリースされると そのメインストーリーがあるわけなのですが
一人では絶ッッッ対に攻略不可能なのです!! (今現在のFFXIはどうなっているのか知りませんが
FFXIのアペンドは
ジラートの幻影 プロマシアの呪縛 アトルガンの秘宝 アルタナの神兵 (以降にも続きますがアルタナで完全引退したので後のやつなぞはアタイの知ったことではないです

アタイの場合でお話させていただきますとですね
ジラートミッション(ZM)は 仲のいいメンバーが集まってできたLS(LSリーダーは実はアタイ…!!) のメンバーの
皆への面倒見もいいし いろいろ手伝ってくれる とってもナイスガイな方がいらっしゃって (自分でもナイスガイって呼んでましたが…
そのナイスガイさん先導のもと アタイを含めた全メンバーはなんとかZMはクリアできました

その後のプロマシアミッション(PM)がですね
ZMよりも遥かに難易度が高くてですね
まあ アタイといたしましても 別にクリアしなくていいっかー みたいなノリでおりましたが
PM攻略LSのシャウトを偶然見かけて おおなんたる僥倖…! といった次第で矢の如しで参加させてもらったわけです

そのLSのメンバー数は40名くらいおりまして
一度に攻略できるのはパーティメンバー6名ですので (FFXIのパーティは6名までなのです
ホントにPMの最初の段階から メンバーを入れ替えて繰り返し攻略する といった感じでしたので
必然的に時間もかかってしまうわけなのですね (4~7時間くらいの拘束は当たり前

これがですね… 『こうしたらいいんじゃないかな とか 『あれのギミック気を付けてねー とか
40名でワイワイやりながら攻略してますとですね…
なんか スッッッゴイ楽しい感じになってきてしまいまして
ホントクリアまでの道のりが険しいこと イグアスの滝といった感じなのですけれども
クリアまでまったく苦痛を感じませんでした
PM攻略LSのリーダーのお名前は今でも覚えております (ZMを協力してくれたナイスガイもお名前覚えてますよー
こういう感じでミッションとかできたらいいなー なんて一縷の希望を見出した感じだったわけですが

まず!!
LSメンバー40名いて 黒(黒魔道士)使えるのアタイ一人だけっておかしくない? おかしくなくない? おかしくない?
だもんですからね
パーティ6名単位で攻略するというのは上述いたしましたが
黒が必要になっているミッションとなると 毎回攻略パーティに強制参加させられていましたねー ええ
これも アタイは必要とされているんだ…! アタイがいなくなったらこのLSは崩壊する…!!
といった責任感は一切感じておりませんでしたが 皆の役に立っているというのが実感できたので
それはそれで嬉しかったし よい思い出として 60歳くらいになるまでは残しておいてあげようと
えー まあ
そんなノリでございます

でまあZMとPMは 大変でしたけど楽しく遊べたので それは合格点をあげましょう! (上から目線で
続くアトルガンミッション(AM)もですね
勿論一人では攻略不可能です (PMよりは難易度低め… らしかったです
でももう なんか別にやらなくてもいいかなー めんどくさいしー
みたいな感じで モチベーションの急転直下が見え隠れする心境でしたので
AMは最初の触りだけやって 後はもう放置してました
アルタナミッション(AM? 被るやんけ… 少し頭働かせてください…) ⇨AM2と呼ぶことにします
AM2に至っては 一切何にもしていないです
ストーリーのトリガーすら触ってないかもしれません

えーと? FFXIの恨みつらみを 書き綴るご予定でしたが
ZMとPMは楽しく遊べたので 恨みはないですねー ええ
恨みがあるのは やはりエンドコンテンツとなってくるわけなのですが…

あー ちなみにZMを進めると「空」へ行くことが可能になります
まあ「空」言ってもパーマン1号のように空を飛べるわけではなくてですね
まあ スタジオ▒ブリの天空の城ラ▒ュタを思いっきり意識したような 天空の城が舞台になるわけなのですが
ラ▒ュタを舞台としたコンテンツを「空」と読んでいて (記憶が曖昧なので間違いがあったらすみません…
現在FFXIV(14)では好評虐殺キャンペーン対象となっている 朱雀 青龍 白虎 玄武 あと麒麟(お笑いコンビじゃないほうです
をぶち殺したり なんかしたりしていたと思うのですが
一応「空」コンテンツ攻略LSにも参加しておりましたが 同時に「裏」攻略LSにも参加しており
これ以上ゲームに時間を割くわけにもいかないため 「空」は2~3回参加してからほぼ参加しなくなりました

あと PMを進めると今度は「海」へ行くことができます
と言っても 海水浴したり
際どい水着を着てチャラチャラした男性にナンパされるのを 待ち耐え忍ぶようなところではございません
でもまあ エリアはめっちゃ海っぽいです
こちらもエンドコンテンツがあったみたいですが アタイはPMをクリアしただけで満足したのでコンテンツには参加していません

あれ?
ここまで書いてみたら エンドコンテンツと呼ばれるようなものはあまり参加していない
もしくは 参加する前に諦めている というのが まあアタイなりの結論なのでございますが
あー… やっぱりあれか…

こちらの記事もですね 思い出しながら適用に書いている感じの記事なのではございますが
上述した「裏」コンテンツでですね
今でも名前を忘れない Outletという名前のガルカ(当時のAlexanderサーバー)なのですけれども (さらっと名前晒しますねー (笑
その Outletガルカは当時の最高水準とされる装備を見せびらかせるように「裏」に参加して
アタイと同じ「赤魔導士」の装備を希望したのですね (勿論アタイが希望している装備より入手難度も性能も上回っている装備を身に着けつつ
その時アタイはこう思いました
『アナタにはその装備があるじゃん なぜゆえ希望しているの? (コレクター精神とか言い出したらリアルでグーパンチしたいところですが

ここから先は皆様のご想像通りです
アタイが欲しい赤の装備がドロップした⇨勿論アタイはロットします⇨ガルカOutletも案の定ロットしますよね⇨
その結果…!
赤の装備は晴れてOutletガルカのものとなることが確定いたしました…!!

この瞬間…! まさにこの瞬間…!!
アタイ『FFXI(11)やーめた
といった次第で 今後一切FFXIはやらないと心に誓いました (即日課金停止しました
いえ アタイも元々ロット運が悪くて 他のメンバーの方と競合してしまうとほぼほぼロット負けしてしまい
枕を濡らして床(とこ)に就いたものですが
それはいいんです だってその人の欲しい装備が手に入ったのなら 大事に使ってくれるでしょうし
アタイといたしましても できた人間ではございませんから 多少なりとも悔しい気持ちがあって
アタイ『チクショーーー! 欲しかったのにィィィ! キイイィィエエェェーーーー
なんて考えることもありましたが
ことOutletガルカ(AlexanderサーバーはShivaサーバーへ統合されました)に至っては
『いや既に上位の装備持っているでしょう? なんで希望するの? ねえなんで? タンスの肥やしがそんなに欲しいの?
といったことから
そのおつむ残念ガルカのOutletさんと一緒に遊ぶことなぞほぼ100%あり得ないことないので 気にする必要はないのですが
『えーと FFXIのサービスが終了するまで一生齧りついていてくださいねー 他のネトゲは一切やらないでくださいねー 死ぬまで絶対に
といった次第です

という感じでですね
まあ簡潔に申しますと アタイの完全なる逆恨みでございます
でもですね…
『自分は上位の装備を持っている どうせゲットできてもタンスの肥やし 欲しい人でロット勝負してもらった方がLSメンバーの為になる
という考えに至ってくれなかったのが 非常に残念です
まあ 至ってくれなかったというより 至るほどの知性を持っていなかったと まあアタイの中では解釈しておりますけれども

ではFFXI(11)に関する恨みつらみに一生懸命書かせていただきましたが
紐を解いてしまうと 恨みの対象がOutletという名前のガルカに一点集中されていることが判明されました
『Outletさん 多少知性が足りなくても続けていられるFFXI(11)に 一生しがみ付いていてくださいね

えーと まあ まだFFXIなのですが
Google検索でですね『豚ども と入力すると『豚ども天候待ちは楽しいか という入力候補がポップアップして
えー まあ
当時 アタイ自身よく知らないのですが ある特定エリアで特定の天候になるまで ひたすら待ち続けるという
恐らく気が狂った人しかやらないようなコンテンツがあったと思うのですけど
そのユーザーに対して 当時の開発ディレクターであった藤戸洋司さんが放った発言と藤戸さんのご尊顔をご覧いただけます
『豚ども天候待ちは楽しいか というセリフ自体は藤戸さん自身が発言したという証拠もありませんし
というか藤戸さんは常識人ですので お客様であるユーザーにそんな発言するわけがない とアタイは信じておりますが…
まあ 頭のおかしいユーザーに対して心の奥底ではそういう気持ちはあったかもしれませんね

でまあ 最後にFFXIV(14)に至っているというのが アタイのタイムラインなわけなのですが
Outletというガルカに対する怨念が強すぎて そんなことばかり書いていた気がするのですが
まあ FFXIVに限っては…
まあ 極々たまーーーにですけど
若干あまり関わりたくないような人はいますが
アタイのFFXIVのライフスタイルは 基本一人ですので
アタイが望んでいるわけではないのですが なぜか山奥で修行している仙人のような生活を 細々と頑張っている次第なのでございます

まあ場違いかもしれませんが
アタイの一人しかいないフリーカンパニー(FC) "COLORFUL" にご興味がございましたら
えー まあ
全然遠慮せず お声が得いただけますと幸い至極の激!!極虎一家といった感じなのでございます

それで…!
実は…!
今回のブログのテーマは リトルノアサービス終了について 書かせていただこうとしておりましたが
脱線しまくりマクリマクリスティーしたうえ アタイの幼きダークサイドが滲み出ておりますが
過去のことはいったん水に流しましょう!!
ということで 次回頑張って記事にしたいと考えております

ではでは

ヒーマン下村『江崎玲於奈!!
ピンポンピンポ~~~ン(正解音) (えー 前例に従い意味不明に仕上げてみました

関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

肉と魚と野菜

肉と魚と野菜 

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ゲーム
2545位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
420位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

アルバム

Amazonとか楽天とかのコマーシャル

ダンジョン飯 6巻 (ハルタコミックス) 賭ケグルイ 9巻 (デジタル版ガンガンコミックスJOKER) Kindle版
まあ あれです コマーシャル的な?? あー… アフィリエイトっていうんですね そんな感じのやつです